PR

ニュース 社会

入所者に虐待か、障害者施設の元職員逮捕 兵庫県警

兵庫県警本部
兵庫県警本部

 重度の障害がある入所者を蹴ったり、床に顔を打ちつけてけがをさせるなどの虐待行為をしたとして、兵庫県警は13日、傷害と暴行の疑いで、兵庫県西宮市の障害者支援施設「西宮すなご医療福祉センター」の元職員、和田直宏容疑者(32)=同県尼崎市食満=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は7月8~11日、当時勤務していた施設の病室で、重度の障害があり寝たきりの状態の50代の男性の脇腹を蹴ったほか、顔を床に打ちつけて男性に右目付近を打撲する軽傷を負わせたとしている。

 7月末に施設から通報を受けた西宮市が立ち入り調査を実施し、この男性を含む入所者10人が虐待の被害を受けていたと確認。施設は8月24日付で和田容疑者を懲戒解雇処分とした。

 県警によると、和田容疑者は平成23年6月から同施設で勤務。生活支援員として、男性の入浴や食事などの介護を担当していた。虐待行為はいずれも勤務時間中に行われており、県警は日常的に虐待行為があった疑いもあるとみて慎重に調べる。

 和田容疑者の逮捕を受け、施設側は産経新聞の取材に対し「ご迷惑とご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げる」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ