PR

ニュース 社会

女子高生に薬誤投与の医師に有罪判決 大阪地裁堺支部

 大阪府高石市の高石藤井病院で平成27年、患者の高校3年の女子生徒=当時(18)=に用法用量を誤って薬を投与し、死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた医師、槙原(まきはら)優(まさる)被告(45)の判決公判が12日、大阪地裁堺支部で開かれ、安永武央裁判長は禁錮1年、執行猶予3年(求刑禁錮1年)の判決を言い渡した。

 判決によると27年12月29日、食物アレルギーで救急外来を訪れた女子生徒に対し、筋肉か皮下に注射すべきアドレナリンを希釈せずに点滴で静脈に過剰投与するよう看護師に指示。翌30日、致死性不整脈による心停止で死亡させた。

 判決理由で、安永裁判長は、基本的な医学知識の適用を怠り、あやふやな知識で切迫性のない被害者に静脈注射したとし、「重大な過失で、被害者の死という取り返しのつかない結果が生じた」と指弾した。

 女子生徒の家族が病院側と槙原被告に損害賠償を求めた訴訟は、病院側が診察に落ち度があったとして謝罪し、29年9月に大阪地裁で和解が成立している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ