PR

ニュース 社会

警視庁目白署で警部補死亡 出勤後に自殺か

警視庁=東京都千代田区霞が関
警視庁=東京都千代田区霞が関

 12日午前9時ごろ、東京都豊島区の警視庁目白署の地下倉庫内で、交通課係長の40代の男性警部補が倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。現場の状況から、目白署は自殺とみて調べている。

 署によると、警部補は同日午前7時ごろ出勤した後、姿が見えなくなり、捜していた別の署員が警部補を見つけた。遺書は確認されていない。

 坂井明徳副署長は「署員が亡くなったことは非常に残念。原因や状況について調査したい」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ