PR

ニュース 社会

台風14号、東日本に接近 東海・関東で災害厳戒

 台風14号が接近し、白波が立つ和歌山県串本町の潮岬=9日午後
 台風14号が接近し、白波が立つ和歌山県串本町の潮岬=9日午後

 強い台風14号は9日、四国沖から紀伊半島沖に進んだ。日本に上陸する可能性は低くなったが、10~11日にかけて東海、関東の太平洋沿岸に接近する見通し。気象庁は高波、暴風、大雨による土砂災害、河川の増水・氾濫などに厳重な警戒を呼び掛けている。

 台風の接近に伴って西日本で10日にかけ、東日本太平洋側で11日にかけて非常に強い風が吹き、海は大しけとなる。秋雨前線の活動が活発化し、西・東日本の太平洋側は非常に激しい雨が降る地域がありそうだ。

 台風の速度が比較的遅く、特に東海は台風や前線の雨雲が長時間かかって猛烈な雨の降る地域があるとみられる。11日午前0時までの24時間予想雨量は多い所で伊豆諸島300ミリ、東海250ミリなど。航空各社によると、台風の接近に伴い10日の空の便は一部で欠航や遅延を検討。東海道新幹線や山陽新幹線は通常運行する。

 台風14号は9日午後11時現在、高知・室戸岬の南約230キロをゆっくりした速さで北東へ進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ