PR

ニュース 社会

警視庁が外事課を改編へ 中国・北を各課専従に

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

 警視庁公安部の管轄で、ロシアや中国、北朝鮮などによる工作活動やテロを取り締まる「外事課」について、現状の全3課体制から4課体制へ改編することが9日、同庁関係者への取材で分かった。北朝鮮関連事案の捜査に専従で当たる課を設ける。

 現在の外事課は、ロシアなどが捜査対象の「外事1課」、中国と北朝鮮を対象とした「外事2課」、海外での邦人被害テロ事案などを捜査する「外事3課」からなる。

 同庁関係者によると、組織改編では、外事2課が受け持っている中国と北朝鮮を分離。新外事2課が中国、新外事3課が北朝鮮を捜査対象とし、海外テロ事案は新設される「外事4課」が担う。中国と北朝鮮に対し、担当課がそれぞれ特化して対応できることとなり、情報収集の強化などが見込まれる。

 同庁関係者によると、来年4月をめどに新体制を発足させる。警視庁は外事課の人員拡大に伴う予算や配置などについて、東京都など関係機関と調整している。同庁関係者は、「中国と北朝鮮の脅威は増しており、組織改編で情勢に応じた体制を構築する」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ