PR

ニュース 社会

小4男児殺害、33歳義父に懲役16年 さいたま地裁

さいたま地裁
さいたま地裁

 さいたま市見沼区の集合住宅で昨年9月、義理の息子で小学4年の男児=当時(9)=を殺害したなどとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職、長島悠介被告(33)の裁判員裁判で、さいたま地裁は9日、懲役16年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。

 任介辰哉裁判長は判決理由で「男児に何ら落ち度はない。殺害という短絡的な意思決定は強い非難に値する」と指摘した。一方で「起訴事実を認め男児の母親に謝罪している」と量刑の理由を述べた。

 判決などによると、長島被告は昨年9月17日夕、自室で男児の首を電源コードで絞めて殺害し、水道設備などを収納するメーターボックスの中に遺棄した。事件当時、長島被告は男児の母親と婚姻関係にあった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ