PR

ニュース 社会

車検で偽造書類提出、男2人逮捕 盗難車を不正転売か

 偽造した自動車通関証明書を用いて盗難車の車検を不正に通したなどとして、警視庁交通捜査課などは偽造有印公文書行使などの疑いで、東京都葛飾区東立石、職業不詳、幸家直樹容疑者(37)と渋谷区恵比寿、職業不詳、田村航容疑者(32)を逮捕した。2人は容疑を否認しているという。

 交通捜査課によると、盗難車の車体に刻まれている車台番号を別の車の車台番号に打刻し直し、偽造された自動車通関証明書を用い輸入車と偽って盗難車の車検を不正に通し、転売しようとしていた。

 交通捜査課は組織的犯行とみており、盗難の経緯や偽造された自動車通関証明書の入手経路などを調べている。これまでに20台以上の余罪があるとみている。

 逮捕容疑は令和元年11月25日、東京都足立区の足立自動車検査登録事務所に偽造した自動車通関証明書を提出し盗難車の車検を不正に通したなどとしている。

 事務所の職員が自動車通関証明書を不審に思い、警視庁竹の塚署に通報したことで発覚した。車はいずれも大阪で盗まれたものだったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ