PR

ニュース 社会

台風14号北上、西日本接近 東日本に上陸の恐れも

8日午後11時現在のひまわり雲画像
8日午後11時現在のひまわり雲画像

 強い台風14号は9日、日本の南の海上で勢力を維持したまま北に進んだ。10日にかけて西日本に接近し、10日から11日にかけて東日本へ接近、上陸する恐れがある。気象庁は高波に厳重な警戒を呼び掛けたほか、河川の増水や氾濫、暴風、土砂災害、低い土地の浸水にも警戒を求めている。

 気象庁によると、台風の接近、通過に伴い、西日本では10日にかけて、東日本の太平洋側では11日にかけて非常に強い風が吹き、西日本や東日本の太平洋側では猛烈なしけとなる所がある。

 台風14号は9日午前6時現在、日本の南約270キロを時速約10キロで北へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカルで、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心の北側220キロ以内と南側165キロ以内では風速25メートル以上の暴風域、北側440キロ以内と南側390キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ