PR

ニュース 社会

不要なリフォーム契約で詐欺、容疑で逮捕 640万円被害

京都府警本部
京都府警本部

 不要なリフォーム契約をして現金をだまし取ったとして、京都府警は8日、詐欺と特定商取引法違反(不実告知)の疑いで、大阪市鶴見区今津中の会社員、中村貴夫容疑者(45)ら男6人を逮捕した。いずれも「だまし取っていない」などと容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は共謀し、平成30年11月~今年9月、大阪府東大阪市の男性会社員(61)や京都市右京区の無職女性(83)ら6人に対し、本来不要である自宅屋根裏の補強工事や床下の防湿工事が必要であるかのように嘘を言い、契約を締結して現金計約640万円をだまし取ったとしている。

 府警によると、6人は兵庫県内の住宅リフォーム会社の元従業員。全国の国民生活センターに、同社に関する相談が約130件寄せられているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ