PR

ニュース 社会

「命と向き合っているのか」「反省し罪償って」池袋暴走事故の遺族が会見

初公判を終え記者会見に応じる遺族の松永拓也さん=8日午後、東京・霞が関の司法クラブ(松井英幸撮影)
初公判を終え記者会見に応じる遺族の松永拓也さん=8日午後、東京・霞が関の司法クラブ(松井英幸撮影)

 東京・池袋で昨年4月、乗用車が暴走し母子が死亡し10人が重軽傷を負った事故で、妻の松永真菜さん=当時(31)=と長女の莉子ちゃん=同(3)=を亡くした拓也さん(34)と真菜さんの父親である上原義教さん(63)が8日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)の初公判後、記者会見を開いた。

 飯塚被告は初公判で遺族に謝罪した一方、車に異常があり暴走したとして無罪を主張した。拓也さんは「車の不具合を主張するのであれば謝ってほしくない。予想していたこととはいえ残念でならない。本当に妻と娘の命と向き合っているのか」と、憤りをあらわにした。

 上原さんも、絶えず涙をぬぐいながら「反省して罪を償っていただきたい。遺族の気持ちに向き合って生きてもらいたい」と話した。初公判で拓也さんの調書が読まれた際にも「2人の遺体と対面したときのことなど、当時のことを思い出し、我慢できなかった」と、涙があふれたという。

 公判は今後も続くが、拓也さんは「社会に対して一石を投じるような裁判になってほしい」とし、「真実が分かることで、この先、このような事故が起こらないための議論にもつながる。これだけ大きな事故で軽い罪で終わってはいけない。できる限りのことをしていきたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ