PR

ニュース 社会

【池袋暴走母子死亡事故 初公判詳報】(1)車いすで背中を丸め…89歳、飯塚被告「アクセル踏み続けた記憶ない」

妻の真菜さんと長女の莉子ちゃんの写真を手に東京地裁に向かう松永拓也さん=8日午前8時50分、東京・霞が関
妻の真菜さんと長女の莉子ちゃんの写真を手に東京地裁に向かう松永拓也さん=8日午前8時50分、東京・霞が関

 《東京・池袋で昨年4月、乗用車が暴走して母子が死亡し、10人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)の初公判が8日、東京地裁で始まった》

 《事故は昨年4月19日昼に発生。飯塚被告が運転する乗用車が赤信号を無視するなどして暴走、横断歩道の歩行者らを続々とはねた。近所の松永真菜(まな)さん=当時(31)=と長女の莉子(りこ)ちゃん=同(3)=が死亡、男女8人と同乗の飯塚被告の妻がけがをした》

 《事故当時、乗用車は時速96キロまで加速していたとされる。警視庁はブレーキとアクセルの踏み間違いが原因と結論付け、昨年11月に飯塚元院長を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で書類送検。東京地検が今年2月に在宅起訴した》

 《妻の松永さんと莉子ちゃんを失った夫の拓也さん(34)ら遺族は、事故後「事故の犠牲者を減らしたい」との思いから、交通事故をなくすための活動を続けている。飯塚被告に厳罰を求める署名活動を始めると、約2カ月で約39万筆が集まり、東京地検に提出した。公判には被害者参加制度を使って出廷する》

 《この事故以外にも、高齢ドライバーによる事故が相次ぎ、運転免許証を自主返納する高齢者が急増。高齢者の免許制度を見直す法改正の道筋も示され、高齢ドライバー対策は大きな転換点を迎えるきっかけとなった》

 《また事故後、飯塚被告が逮捕されていないことに対し、インターネット上で疑問の声が噴出。元官僚という社会的な地位から「上級国民」などと批判された》

 《この日は朝から20席の一般傍聴席に対し、414人の傍聴希望者が地裁に集まった。飯塚被告は昨年6月に行われた警視庁の実況見分に立ち会った以外、公の場に姿を見せておらず、法廷で事故についてどう説明するのか、注目が集まっている》

 《午前10時。スーツ姿の飯塚被告が車いすに座って入廷した。車いすは介添えの男性が押しており、飯塚被告は視線を落としたまま背中を丸めている。裁判長の合図でいよいよ開廷する》

 裁判官「被告人は証言台の前に移動してもらえますか」

 《男性が立ち上がり、飯塚被告の車いすを押す。飯塚被告はうつむいている》

 裁判長「名前をなんと…」

 飯塚被告「飯塚幸三です」

 《緊張しているのか、飯塚被告は裁判長の言葉の途中で名前を答えた。人定質問が終わると、裁判長に促され、再び弁護側の席に戻った。次に検察官が起訴状を朗読する。8人の負傷者の中には、当時2歳の女児や90歳の高齢者もおり、1年の加療を要した被害者もいた》

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ