PR

ニュース 社会

襲撃の男は刃物2本所持、現場駐車場で暴走 神戸のヤマト運輸女性死亡

女性従業員が刺され死亡する事件が発生したヤマト運輸「神戸北鈴蘭台センター」 =6日午前9時38分、神戸市北区(本社ヘリから、永田直也撮影)
女性従業員が刺され死亡する事件が発生したヤマト運輸「神戸北鈴蘭台センター」 =6日午前9時38分、神戸市北区(本社ヘリから、永田直也撮影)

 神戸市北区のヤマト運輸の配送所に男が押し入り、従業員の男女2人が死傷した事件で、2人を襲撃した男が、少なくとも刃物2本を所持していたことが6日、兵庫県警への取材で分かった。男は配送所の敷地内で車を奪い、駐車中の車にぶつけるなど暴走行為をしていたことも判明した。

 県警によると、男は6日午前4時過ぎ、ヤマト運輸の「神戸北鈴蘭台センター」(同区)に押し入り、40代の女性従業員を刃物で刺した。女性は死亡し、刃物は腹部に刺さったままだった。

 続いて男は他の男性従業員ともみ合いになった。このときは別の刃物を持っており、この従業員もけがをした。その後、現場にあった車に乗り込み、敷地内を暴走。車を乗り換えて逃走したという。

 県警は現場近くで、警察車両に車をぶつけたとして公務執行妨害容疑で同区甲栄台の筧真一容疑者(46)を現行犯逮捕。「人を刺したりさんざんなことをした後で、どうせ逮捕されるのだと思い、警察官が運転するパトカーと分かって、ぶつかった」と供述しているという。

 県警によると、6日午前4時20分頃、配送所の男性従業員から「昨日解雇された職員が車でぶつけて回っている。1人が包丁で刺された」と110番があった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ