PR

ニュース 社会

スロット台転売話で1億円超集金か、出資法違反容疑で男逮捕

前のニュース

 岩手県警千厩署などは5日、パチンコ店から撤去したスロット台の転売事業への投資をうたい、岩手県一関市の会社員の20代女性から現金2百数十万円を預かったとして、出資法違反(預かり金禁止)容疑で、住所不定、自称投資家、山本哲也容疑者(41)を逮捕した。調べに容疑を否認している。

 県警は、同様の手口で全国から100人以上の出資者を募り、計1億円以上を預かったとみている。詐欺容疑も視野に、共犯者の有無などを調べる。

 逮捕容疑は昨年12月下旬ごろ、会員制交流サイト(SNS)を通じて知り合った女性に「パチンコ店から撤去されたスロット台が高く売れる」と投資を持ち掛け、元本保証と配当を約束した上で、数回に分けて口座に現金を振り込ませて預かったとしている。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ