PR

ニュース 社会

台風19号で母ら犠牲、実家跡に鎮魂碑 「妹、見つかって」 宮城

 昨年10月の台風19号による土石流に巻き込まれ母と姉、義弟を亡くし妹が行方不明になっている天野民子さん(69)らが4日、現場の宮城県丸森町子安の実家跡地に鎮魂の碑を設置した。碑に手を合わせた民子さんは「寂しさは募るばかり。早く見つかってほしい」と声を振り絞った。

 民子さんらは自衛隊などによる大規模捜索が打ち切られた後も独自に妹小野正子さんを捜し続けている。碑には亡くなった母大槻竹子さん=当時(92)=と姉利子さん=当時(70)、正子さんの夫の小野新一さん=当時(67)=の名前や、竹子さんが趣味で作った川柳「咲き盛る 百花も散って地に帰る」を刻んだ。

 実家跡ではこれまで、玄関があった場所に花を供え、祈ってきた。民子さんは「4人に手を合わせられる場所を作りたかった」と話す。利子さんの長男のトラック運転手恵太さん(37)は「4人が少しでも喜んでくれたら。(正子さんが)早く見つかることを祈って捜索を続ける」と語った。2人はこの日も家族や友人らと捜索を行った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ