PR

ニュース 社会

詐欺と窃盗容疑で男逮捕 自宅が特殊詐欺グループの拠点 神奈川県警

神奈川県警=横浜市
神奈川県警=横浜市

 相模原市の高齢女性からキャッシュカードをだまし取り、現金100万円を引き出したとして、神奈川県警捜査2課は1日、詐欺と窃盗の疑いで、職業不詳の大久保秀樹容疑者(28)=同県綾瀬市上土棚北=を逮捕したと発表した。「全く知らないことです」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は1月8日、氏名不詳者や岩手県花巻市の無職少年(18)=同容疑で逮捕、処分保留=らと共謀し、相模原市南区に住む70代の無職女性宅に市役所職員を装って、「累積保険の戻り金がある。新しいキャッシュカードにしましょう」などと嘘の電話をかけ、金融機関の職員に成りすまして女性からキャッシュカード1枚を詐取したうえ、このカードを使って現金計100万円を引き出したとしている。

 同課によると、大久保容疑者は犯行の指示役とみられ、同課は9月30日に大久保容疑者の自宅を家宅捜索していた。自宅は、被害者宅にカードを取りに行く「受け子」ら特殊詐欺の犯行グループの拠点になっていた。受け子の拠点を摘発するのは同県警では初。同課はほかにも余罪があるとみて捜査を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ