PR

ニュース 社会

白石被告、初公判で起訴内容認める 検察側「欲望の充足を目的とした計画的犯行」

座間9人殺害事件の初公判で、傍聴券を求め抽選券となるリストバンドを受け取る人たち=30日午前、東京地裁立川支部
座間9人殺害事件の初公判で、傍聴券を求め抽選券となるリストバンドを受け取る人たち=30日午前、東京地裁立川支部

 神奈川県座間市のアパートで平成29年10月、15~26歳の男女9人の切断遺体が見つかった事件で、強盗殺人や強盗強制性交殺人などの罪に問われた無職、白石隆浩被告(29)の裁判員裁判の初公判が30日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で開かれた。白石被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。弁護側は被害者の同意があったとして承諾殺人罪の適用を主張。検察側は「自己の欲望の充足を目的とした計画的犯行」と指摘した。

 地裁支部は事件の性質や遺族の希望に基づき、被害者9人全員を匿名で審理すると決定。起訴状では9人がA~Iのアルファベットで読み上げられるなどした。

 白石被告は、ツイッターに自殺を望むような投稿をした若者を「一緒に死のう」などと誘い出し、殺害を繰り返したとされる。主な争点は、被害者側が殺害されることに同意していたかどうか。判決は12月15日に言い渡される予定。

 検察側は冒頭陳述で、29年8月23日ごろに神奈川県厚木市の女性=当時(21)=を最初に殺害後、「快感と大金を手に入れ、これなら働かないで性欲も満たされると考えた」と指摘。ほかの8人はいきなり首を絞めるなどして殺害しており「承諾しておらず、単なる殺人だ」とした。

 弁護側は冒頭陳述で、被害者9人について「死を望む気持ちがあった。自らの意思で(白石被告のもとへ)行った」などと述べ、殺害には承諾があったと反論。刑事責任能力についても争う方針を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ