PR

ニュース 社会

コロナ対策福祉金詐取疑い 暴力団員逮捕、山梨県警

 山梨県警は29日、新型コロナウイルスの影響で収入が減った世帯に貸し付ける生活福祉資金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで指定暴力団稲川会系組員の無職、佐々木誠容疑者(42)=山梨県南アルプス市浅原=を逮捕した。県警によると、容疑を否認している。

 逮捕容疑は、暴力団員の身分を隠して虚偽の申請書を県社会福祉協議会に提出し、7月8日に「緊急小口資金」として20万円、8月31日には「総合支援資金」の15万円を振り込ませたとしている。

 県警によると、9月2日に傷害事件で逮捕され、新聞報道で暴力団員だと知った協議会から県警に連絡があり、詐欺容疑が発覚した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ