PR

ニュース 社会

木更津市議殺害の娘婿に懲役17年求刑 「強固な殺意」と検察側

 千葉県木更津市で昨年3月、市議の石川哲久さん=当時(71)=を殺害したとして、殺人や住居侵入などの罪に問われた娘婿の祥一被告(45)の裁判員裁判論告求刑公判が29日、千葉地裁(平塚浩司裁判長)で開かれ、検察側は懲役17年を求刑した。弁護側は懲役10年を下回る刑が相当と主張し結審。判決は10月7日に言い渡される。

 検察側は論告で「被害者が絶命するまで執拗(しつよう)に攻撃を加えるなど犯行は強固な殺意に基づくもので悪質。鬱病になったのは被害者家族のせいと身勝手な恨みを募らせた経緯にも同情の余地はない」と指摘。弁護側は「鬱病による処理能力の低下が犯行に影響している。周囲の理解のなさが鬱を悪化させた」などとして情状酌量を求めた。

 起訴状などによると、昨年3月9日夜、無施錠だった哲久さんの自宅マンションに侵入し、頭部をハンマーで繰り返し殴打し、胸を包丁で複数回刺すなどして殺害したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ