PR

ニュース 社会

「ゴーン被告の報酬についてやりとり」 司法取引した元秘書室長証言

 カルロス・ゴーン被告、グレゴリー・ケリー被告
 カルロス・ゴーン被告、グレゴリー・ケリー被告

 日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(66)の役員報酬を過少記載したとして、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪に問われた元代表取締役、グレゴリー・ケリー被告(64)と法人としての日産の公判が29日、東京地裁(下津健司裁判長)で開かれた。検察との司法取引(協議・合意制度)に応じた元秘書室長が証人として出廷し、「(ケリー被告と)ゴーン被告の報酬についてやりとりした」と証言した。

 元秘書室長はスーツに青色のネクタイ、マスク姿で出廷。検察側の尋問では、ケリー被告とやりとりしたこととして、ゴーン被告の報酬に関する事項のほか、役員報酬に関する決定や役員人事などを挙げた。

 検察側は、元室長がゴーン被告らの指示を受け、報酬開示を避けるためにさまざまな方策を提案したとしており、証言内容を立証の柱とする方針。12月まで計23回の尋問が予定され、裁判所が信用性をどう判断するかが注目される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ