PR

ニュース 社会

東京・六本木の大規模闇バカラの統括者か 容疑で神戸山口組系幹部ら逮捕 売り上げは約5億円

警視庁庁舎 =東京都千代田区 (荻窪佳撮影)
警視庁庁舎 =東京都千代田区 (荻窪佳撮影)

 東京・六本木の雑居ビルでカジノ店を開き、バカラ賭博をさせたとして、警視庁組織犯罪対策4課は賭博開帳図利などの疑いで、特定抗争指定暴力団神戸山口組系2次団体幹部、山本千(ち)束(づか)容疑者(70)=東京都港区三田=ら男3人を逮捕した。組対4課は、約1年半で約4億8千万円の売り上げがあり、資金が暴力団に流れたとみている。

 組対4課は7月、同店を摘発し店長や客らを現行犯逮捕。その後の捜査で統括者の山本容疑者らが浮上した。顧客は数百人規模とみられ、「新型コロナウイルスで海外のカジノに行けなくなってきた」と説明した客もいるという。

 3人の逮捕容疑は平成31年1月~今年7月、雑居ビルに開いたカジノ店で客にバカラ賭博をさせ、コミッション料名目で金銭を徴収したなどとしている。

 組対4課によると、店は暴力団関係者が直営する闇カジノとしては大規模で、山本容疑者らは捜査を警戒し、店舗を移動させることもあった。山本容疑者は容疑を否認している。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ