PR

ニュース 社会

震災遺構の中浜小 一般公開始まる 宮城

震災遺構の町立中浜小学校で一般公開された多目的ホール=26日午後、宮城県山元町(萩原悠久人撮影)
震災遺構の町立中浜小学校で一般公開された多目的ホール=26日午後、宮城県山元町(萩原悠久人撮影)

 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県山元町の町立中浜小学校が震災遺構として整備され26日、一般公開が始まった(萩原悠久人撮影)。

 発生当時、校舎にいた児童、教職員ら90人が屋上に避難。津波は校舎の2階部分にまで押し寄せたが、全員が無事だった。はがれ落ちた天井や曲がった鉄骨がそのまま残っており津波の脅威を伝えている。

 公開に先立つ式典には当時、校長として避難を指揮した井上剛さん(63)が参加。井上さんは「最善の判断とは思っていないが、少ない情報を基に命懸けで行動した」と振り返った。

 校舎内に通路を設け、児童らが避難し一夜を明かした屋上の倉庫を公開。当時小学一年生だった同町の斎藤遼映(りょうえい)くん(16)は「一晩を明かした屋上倉庫は暗く、寒くて不安だったが先生が励ましてくれたのを覚えている」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ