PR

ニュース 社会

北日本は暴風、高波に警戒 気象庁呼び掛け

 北海道や東北では27日朝にかけて海上を中心に非常に強い風が吹き、海はうねりを伴って大しけとなるとして、気象庁は26日、暴風や高波への警戒を呼び掛けた。北海道では大雨となる所がある見込みで、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水にも警戒が必要としている。

 気象庁によると、台風12号から変わった低気圧が発達しながら日本の東を北上し、北側にある高気圧との気圧の傾きが非常に大きくなる。

 26日の予想最大風速(最大瞬間風速)は北海道25メートル(35メートル)、東北20メートル(30メートル)。27日は北海道20メートル(35メートル)。26日に予想される波の高さは北海道、東北7メートル。27日は北海道6メートルとしている。

 また北海道の太平洋側では27日明け方にかけて断続的に雨が強まる見込み。27日午前6時までの24時間予想雨量は北海道の多い所で100ミリとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ