PR

ニュース 社会

持続化給付金詐取、新たに22歳男を逮捕 山梨県警

山梨県警本部が入る建物=甲府市丸の内(渡辺浩撮影)
山梨県警本部が入る建物=甲府市丸の内(渡辺浩撮影)

 新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた中小企業や個人事業主を支援する国の持続化給付金をだまし取ったとして、山梨県警捜査2課は25日、詐欺の疑いで住所不定、自称小売業の志(し)勇佑容疑者(22)を大阪市内で逮捕した。

 7月に同課が逮捕した埼玉県鶴ケ島市の男子大学生(19)と会員制交流サイト(SNS)でやり取りしていたという。同課は大学生との関係や背後関係などをさらに調べる。

 逮捕容疑は、嘘の確定申告書を税務署に提出した上で、持続化給付金の申請サイトに確定申告書や売り上げが減ったという台帳などを提出。6月9日に中小企業庁から給付金100万円を振り込ませたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ