PR

ニュース 社会

サルのおり切断疑いで逮捕 千葉の16歳少年、70匹逃走

6月、千葉県富津市の高宕山自然動物園で、ニホンザルを飼育するおりの切断された金網(同市提供)
6月、千葉県富津市の高宕山自然動物園で、ニホンザルを飼育するおりの切断された金網(同市提供)

 千葉県警は23日、6月に富津市の高宕山自然動物園でニホンザルを飼育するおりの金網を切断したとして、器物損壊の疑いで千葉市花見川区の自称高校生の少年(16)を逮捕した。当時、切断されたおりからサル約70匹が逃げ出した。

 逮捕容疑は6月9日夕方~10日朝、動物園内に設置されたおりの金網フェンスを工具のような物で切断したとしている。10日朝に管理人が訪れ、直径約30センチの穴が開き、サルが逃げ出しているのを見つけた。

 県警によると、少年は友人の運転する車で動物園に向かったとみられ、近くの防犯カメラに車が写っていた。切断に使った工具のような物は「行く途中で拾った」と話しているという。県警は友人らの関与を調べている。

 動物園は昨年9月の台風15号でフェンスが倒壊した際にもサルが逃げ出し、捕獲して仮設のおりを設置していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ