PR

ニュース 社会

京都の逃走ワゴン車事故 ひき逃げ容疑で男2人逮捕

パトカーに追跡され、タクシー(左奥)に衝突し横転した乗用車=6月21日夕、京都市左京区(永田直也撮影)
パトカーに追跡され、タクシー(左奥)に衝突し横転した乗用車=6月21日夕、京都市左京区(永田直也撮影)

 京都市左京区で6月、パトカーから逃走したワゴン車が起こした事故で、京都府警は17日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)容疑で、京都市北区紫野西蓮台野町の無職、森友哉(21)と同市山科区西野小柳町の会社員、中村滉成(22)の両容疑者を逮捕した。2人は走行中に運転を交代していたとみられるため、府警は2人とも逮捕。いずれも「覚えていない」などと容疑を否認している。

 逮捕容疑は6月21日午後6時25分ごろ、京都市東山区常盤町の府道で、ワゴン車を運転中、自転車に乗った自営業の女性(55)=大阪市中央区=をはね、腰などを打撲する軽傷を負わせ、そのまま逃走したとしている。

 この事故の直前にワゴン車が右折禁止違反をしたため、パトカーが追跡。さらにこの事故後に同市左京区の交差点でタクシーに衝突する別の事故を起こしていた。森容疑者が右腕を骨折する重傷を負っていたため、回復を待って逮捕したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ