PR

ニュース 社会

持続化給付金詐取の疑い 千葉、24歳大学生を逮捕

 新型コロナウイルス対策で収入が落ち込んだ中小企業や個人事業主を支援する国の持続化給付金100万円をだまし取ったとして、千葉県警は16日、詐欺の疑いで同県東金市家之子の大学生、小椋総大容疑者(24)を逮捕した。

 逮捕容疑は、何者かと共謀し、5月末~6月初旬、中小企業庁がインターネット上に開設した持続化給付金の申請ページから個人事業主を装って申し込み、100万円を小椋容疑者の口座に振り込ませたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ