PR

ニュース 社会

としまえん運営会社など争う姿勢 プール事故死訴訟で初弁論

 東京都練馬区の遊園地「としまえん」(閉園)のプールで昨年8月、小学3年の女児がエア遊具の下に潜り込んで死亡したのは安全管理を怠ったためだとして、遺族が、運営会社の豊島園や親会社の西武鉄道などに計約7500万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、東京地裁(中村心裁判長)であった。運営会社などはいずれも請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

 事故は昨年8月15日、としまえんの「ふわふわウォーターランド」で発生。大きなフロート(浮島)のエア遊具の下で、埼玉県朝霞市の森本優佳さん=当時(8)=が心肺停止状態で見つかり、搬送後に死亡が確認された。

 訴状などによると、午後1時半ごろ、家族が優佳さんを見失って監視員に「捜してほしい」と求めたが、定時点検の午後2時まで遊泳客を上げて捜索しなかった。遺族側は「捜索を拒否するかのような対応だった」と主張。遊具の下に潜り込むことを防ぐネットなどが設置されておらず、監視員の人数も不十分だったと訴えている。

 西武鉄道は「ご遺族には改めてお悔やみ申し上げる」とコメントした。

 としまえんは今年8月末に閉園した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ