PR

ニュース 社会

死体遺棄容疑で67歳男逮捕 熊本大の研究員殺害事件

熊本県警本部=熊本市中央区(中村雅和撮影)
熊本県警本部=熊本市中央区(中村雅和撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 熊本大の研究員、楢原知里さん(35)が首を絞められ殺害された事件で、熊本県警熊本南署捜査本部は13日、楢原さんの遺体を遺棄したとして、死体遺棄の疑いで熊本市中央区本荘、無職、熊谷和洋容疑者(67)を逮捕した。

 熊谷容疑者は、楢原さんが住むマンションの元清掃作業員で、楢原さんとは面識があった。「死体を捨てた」と容疑を認めているといい、捜査本部は動機や殺害への関与についても調べる。

 捜査本部によると、関係者への聞き込みで浮上。熊谷容疑者は12日夕、以前住んでいた県北部で見つかった。「ニュースや新聞を見て逃げた」と話しているという。

 楢原さんのリュックは、勤務先近くにある熊本大病院の立体駐車場で発見。現金入りの財布やノートパソコンが残されていた。通行人が落とし物として大学側に届け出。9日に大学側から県警に連絡があった。

 7日午前8時半ごろ、本荘にある市道脇の側溝に人が倒れているのに通行人が気付き、同9時10分ごろ110番通報した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ