PR

ニュース 社会

宮城で夫婦刺され74歳男性死亡 県警が殺人で捜査本部

 11日午後8時10分ごろ、宮城県柴田町北船岡の無職、毛利哲雄さん(74)方で、毛利さんと妻(70)が何者かに刃物で刺されたと近隣の住民から110番通報があった。毛利さんは腹部を刺されており、搬送先の病院で死亡が確認された。妻の命に別条はない。県警は殺人事件とみて12日、大河原署に捜査本部を設置。妻の目撃情報から、現場から車で逃走したとみられる容疑者の行方を追っている。

 県警によると、何者かが自宅に訪れたのに妻が気づき、毛利さんが玄関で応対。直後に毛利さんの叫び声が聞こえ、妻が駆け付けると、毛利さんが刃物で腹部を刺されていた。妻も隣家に駆け込む際に左ひじ付近を刃物で切られ、負傷したとみられる。

 毛利さんは妻と40代の長男と3人暮らし。事件当時、長男は不在だったという。

 現場はJR東北線船岡駅から白石川を挟んだ場所にある住宅街。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ