PR

ニュース 社会

宮城の夫婦刺傷、74歳男性が失血死 男は逃走、殺人で捜査本部設置

 宮城県柴田町の住宅で高齢夫婦が刺された事件で、県警は12日、夫の無職、毛利哲雄さん(74)=同町北船岡=の死亡を搬送先の病院で確認したと明らかにした。妻も左肘に切り傷を負った。

 県警は大河原署に殺人事件の捜査本部を設置。現場から逃走した、男とみられる容疑者の行方を追っている。

 捜査本部によると、事件は11日午後8時10分ごろ発生。毛利さんは左脇付近を刃物で刺されたことによる失血死だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ