PR

ニュース 社会

案里議員の事務所閉鎖へ 地元広島、活動拠点失う

河井案里被告
河井案里被告

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反罪で起訴され公判中の参院議員、河井案里被告(46)の広島事務所が今月末で閉鎖されることが12日、関係者への取材で分かった。同じく公判中の夫で前法相の衆院議員、克行被告(57)=広島3区=も、広島市内の事務所を7月11日に閉鎖。夫妻は今も国会議員を続けているが、ともに地元の活動拠点を失う。

 案里議員の事務所は広島市中区のビルにあり参院選で初当選後に開設された。克行前法相の事務所は、昨年10月下旬に同市安佐南区内で移転。直後に参院選で車上運動員に違法報酬を支払った疑惑が報じられた。

 夫妻の事務所はそれぞれ、今年1月と6月に検察の家宅捜索を受けた。夫妻は6月中旬の逮捕直前に「逮捕されたら広島の事務所を閉めてほしい」と周囲に伝えていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ