PR

ニュース 社会

インサイダー疑い男女勧告 日東工業株巡り、監視委

 証券取引等監視委員会は11日、東証1部上場の電気機器メーカー「日東工業」(愛知県長久手市)の株でインサイダー取引をしたとして、金融商品取引法違反の疑いで、愛知県の30代の女性に235万円、東京都の30代の男性に238万円の課徴金を納付させるよう金融庁に勧告した。

 監視委によると、女性は知人の日東工業役員から、男性は知人で同社と契約する会社の社員から、日東工業が当時名証2部上場だった北川工業(愛知県稲沢市)の株式公開買い付け(TOB)を決めたことを聞き、TOBが公表された平成30年11月5日より前にそれぞれ千株を買い付けたとされる。

 TOB公表後に株価は上昇、女性は約235万円、男性は約240万円の利益を得た。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ