PR

ニュース 社会

機内で「爆弾持っている」 成田出発前、50代男を聴取

 11日午前7時半ごろ、成田空港を出発しようとした格安航空会社(LCC)ジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)の機内で、乗客の男性が「爆弾を持っている」と発言し、千葉県警成田国際空港署が男性から任意で事情を聴いたことが、空港関係者への取材で分かった。

 機内には乗客約140人がおり、この影響で出発が十数分遅れた。署は威力業務妨害の疑いもあるとみて調べている。

 空港関係者らによると、発言したのは成田発那覇行きの機内に乗った50代男性。同行する男性と2人で非常口に近い座席に座り、客室乗務員が手荷物を頭上のロッカーに入れるように求めたが、拒否。その際「爆弾が入っている」としゃべったため、スタッフが110番通報した。

 駆けつけた成田国際空港署員が2人を機内から降ろして任意同行し、所持品を調べたが爆弾は確認されなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ