PR

ニュース 社会

福井の住宅で女子高生死亡 殺人容疑で祖父逮捕

 女子高生の遺体が見つかった住宅周辺を調べる捜査員=10日午後4時56分、福井市 
 女子高生の遺体が見つかった住宅周辺を調べる捜査員=10日午後4時56分、福井市 

 10日午前0時10分ごろ、福井市黒丸城町の住宅で「娘が倒れていて動かない」と父親から110番があり、福井南署員が、2階建て住宅の室内で高校2年の冨沢友美さん(16)が死亡しているのを確認した。福井南署は同日、殺人の疑いで、祖父の無職、冨沢進容疑者(86)を逮捕した。捜査関係者によると、友美さんの上半身には複数の刺し傷があった。

 近隣住民や捜査関係者によると、遺体が見つかったのは進容疑者の自宅。友美さんは普段、福井市内の別の住宅で両親やきょうだいと生活しており、2カ月ほど前から進容疑者宅に身を寄せていた。知人によると、友美さんは周囲に「両親がけんかばかりするから(祖父の家に)来た」と話していたという。

 現場は、福井市郊外の田畑が広がる地域。10日午後、約20人の捜査員がシートで一部が覆われた住宅の中や周辺を調べていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ