PR

ニュース 社会

ホテル経営女性殺害の疑いで捜査本部設置 背中に傷、刃物で刺されたか

前橋市大手町の群馬県警本部
前橋市大手町の群馬県警本部

 前橋市富士見町皆沢のホテル「ポエム」経営者、堀越つる子さん(71)が殺害された事件で、群馬県警は10日、前橋署に捜査本部を設置し、106人態勢で本格的な捜査を始めた。

 捜査本部によると、堀越さんはホテル敷地内の廊下で南向きにうつぶせ状態で倒れているところを利用客の男性(42)が発見し、110番通報。同署員らが駆け付け、堀越さんは搬送されたが、約2時間後に病院で死亡した。

 堀越さんは背中の肩甲骨付近に刺し傷があり、捜査本部は何者かに刃物で刺さされたとみている。凶器は見つかっていない。傷の深さや出血量なども分かっておらず、11日に司法解剖を行い、詳しい死因などを調べる。

 ホテル内は物色された明確な形跡は確認されていない。事件当時は3組6人の利用客がいた。今後、付近の聞き込みに加え防犯カメラの確認も進める。

 捜査本部によると、堀越さんはホテル内の一室で暮らしていた。また、長男(36)も別の部屋に住んでいたという。

 犯人が刃物を持って逃走し付近に潜んでいる恐れもあり、児童生徒らの安全確保のため捜査本部が警戒態勢を敷いた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ