PR

ニュース 社会

生活保護書類が国道に飛散 廃棄のため運送中

北海道庁
北海道庁

 北海道の出先機関である後志総合振興局は10日、個人情報が記載された生活保護関係などの書類を運送中、倶知安町の国道5号上に飛散したと発表した。直後から職員が回収をしているが、全ての書類を回収できたかどうかは不明という。

 同局によると、書類には住所や名前、生活保護の受給状況などが記載されていた。9日午前、書類を廃棄するため4トントラックで段ボール二百数十箱を運んでいた際、2箱が落下し飛散した。

 10日までに職員が回収したのは約1万1000枚。その中で個人情報が含まれるのは6654枚という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ