PR

ニュース 社会

元刑事、慰霊の木像2万体彫り続け 東日本大震災から9年半 

東日本大震災の犠牲者を慰霊する木像を2万体以上を彫った大沼敏修さん。木像は自宅の土間で展示している=2日、宮城県角田市(塔野岡剛撮影)
東日本大震災の犠牲者を慰霊する木像を2万体以上を彫った大沼敏修さん。木像は自宅の土間で展示している=2日、宮城県角田市(塔野岡剛撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 東日本大震災で犠牲になった約2万人を慰霊するため、同じ数の木像を彫り続けた宮城県警の元刑事がいる。「あなたたちの命を忘れることはありません」。震災で失われた尊い命に思いをはせ、日々、木像に語りかける。そして、これからも彫刻刀を手に、木に向き合い続ける。

 母が子供を包み込むように抱いている。

 犠牲者の魂を鎮めるように合掌している。

 我流で彫り進めてきた木像が、ほの暗い土間に並ぶ。天井まで届くほどに。

 宮城県角田市の大沼敏修(としのぶ)さん(70)。今年4月、当時判明していた死者・行方不明者・関連死者数と同じ2万2167体目の木像を彫りあげた。どの像も、大沼さんが犠牲者に向ける慈しみをたたえている。

 県警では殺人事件などの捜査を手がける刑事畑が長かった。事件の被害者の冥福を祈るため、木像を彫り始めた。震災前年の平成22年、県警を定年退職した。

 内陸部にあった自宅は、あの日の被害を免れた。

 「もし、現職だったら津波が襲った現場に臨場していたかもしれない。自分の命もどうなっていたか分からない」

 震災直後。気がつけば、手の中に木があった。そして、刃を走らせていた。

 「いてもたってもいられなかった。犠牲者の魂を鎮めることが生かされた者の務め」と振り返る。

 目標は3千体。そう定めていた。平成27年12月。大沼さんの木像を見たある女性から、こう尋ねられた。

 「関連死を含めた2万人分を彫らないのですか」

 福島県の女性だった。娘が津波にのまれ、行方不明になっていた。

 「どうか娘の分まで」

 訴えるような女性の表情が忘れられず、ひたすら彫り進めた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ