PR

ニュース 社会

ガス会社装い強盗 自称無職の22歳男を逮捕

 今年8月、千葉県松戸市内の住宅に男2人が押し入り、現金2万円が入った財布などを奪った事件で、県警は10日、強盗致傷などの疑いで、埼玉県鶴ケ島市脚折の自称無職、外川正明容疑者(22)を逮捕した。容疑を認めている。被害者宅には事件当日、警官をかたる男から「お金はありますか?」と尋ねる不審な電話があり、県警はアポ電(アポイントメント電話)強盗とみてもう1人の男の行方を追っている。

 逮捕容疑は8月20日午後6時20分ごろ、松戸市秋山の住宅にガス検査員を装って侵入し、住民の男性(80)を羽交い締めにし、粘着テープで縛るなどの暴行を加え、現金2万円の入った財布や腕時計など計15点を奪ったとしている。

 県警によると、男性は1人暮らしで、事件当日の午前11時ごろ、松戸署員をかたる男の声で「お金はありますか?」と尋ねる不審な電話があったという。付近の防犯カメラの映像などから外川容疑者が浮上し、逮捕に至った。

 8月下旬に神奈川県でも同様の手口の事件が発生しており、県警は逃走中の男の行方を追うとともに関連を調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ