PR

ニュース 社会

ウイルソン代理店立ち入り 公取委、ラケット販売巡り

 米国のスポーツブランド「ウイルソン」の国内総販売代理店を務めるスポーツ用品販売「アメアスポーツジャパン」(東京)に、公正取引委員会が独禁法違反(不公正な取引方法)容疑で立ち入り検査をしたことが9日、分かった。硬式テニスラケットを巡り、海外から並行輸入しようとする別の業者の業務を妨害しようとした疑いが持たれている。

 関係者によると、アメアスポーツジャパンは数年前から、ウイルソンの硬式テニスラケットを取り扱う海外の販売業者に、日本国内の並行輸入業者にラケットを売らないよう圧力をかけたほか、日本国内の卸売業者に並行輸入品を扱う業者と取引しないよう求めた疑いが持たれている。

 ホームページによるとアメアスポーツジャパンは東京都新宿区に本社があり、昭和60年設立。スポーツ用品の輸入、販売などを手がけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ