PR

ニュース 社会

側溝で発見の女性遺体は熊本大の35歳のウイルス研究員

女性の遺体が見つかった現場を調べる警察官=8日午後、熊本市中央区
女性の遺体が見つかった現場を調べる警察官=8日午後、熊本市中央区
その他の写真を見る(1/2枚)

 熊本市内の側溝で身元不明の女性遺体が見つかった事件で、熊本県警は9日、遺体の身元を同市中央区本荘の楢原知里さん(35)と発表した。熊本大によると、楢原さんは、鹿児島大とともに設立したヒトレトロウイルス学共同研究センターの熊本大キャンパス(熊本市)に研究員として勤務している。

 県警熊本南署捜査本部によると、楢原さんの母親が8日、公開された似顔絵が「娘に似ている」と連絡。9日に両親が確認した。6日午後5時ごろまで職場にいたのが確認されており、捜査本部はその後殺害されたとみて調べている。

 楢原さんの遺体は7日午前9時10分ごろ、同区本荘の市道脇の側溝で、あおむけの状態で見つかった。司法解剖で死因は窒息と判明。携帯電話や財布などの所持品は見つかっていないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ