PR

ニュース 社会

秋元容疑者、なりふり構わず 「賄賂受領の否定」求め IR汚職

 ただ、秋元容疑者は松浦容疑者だけでなく、同じく支援者の会社役員、淡路明人被告(54)=同罪で起訴、保釈=にも買収工作を依頼。松浦容疑者と淡路被告はそれぞれ秋元容疑者の有力支援者だったが、2人に面識はないとみられ、淡路被告は独自に別の贈賄側への働きかけを進めていた。松浦容疑者は逮捕前、「淡路被告が買収工作をしていたのは知らなかった」と周囲に説明していたという。

 秋元容疑者は贈賄側の主導役とされる2被告を抑えるために別ルートを使って工作を進めたとみられるが、2被告が東京地検特捜部に打ち明けるなどして発覚した。ある関係者は「秋元容疑者は贈賄側の供述を覆そうと相当焦っていたのか」との見方を示した。

 検察幹部は「本当に無罪であるなら裁判で堂々と争えばいいのに、証人買収という司法制度をないがしろにする新たな犯罪を起こした。もはや言い逃れはできない」と切り捨てた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ