PR

ニュース 社会

北日本、9月の最高気温に 北陸も猛暑、台風影響

 8日の日本列島は高気圧に覆われて晴れ、気温が上昇した。気象庁によると、温帯低気圧に変わった台風10号が北上したことに伴い、南海上から暖気が流入、山間部を抜け日本海側では熱風となって吹き下ろした。北海道や青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島、新潟、福井の9道県の91地点で9月の最高気温記録となった。

 9月の記録となったのは青森県十和田市35・1度、岩手県北上市35・8度、宮城県大崎市35・5度、福島県会津若松市、山形県高畠町36・8度などで、いずれも35度以上の猛暑日となった。今年一番の暑さを記録した地点もあった。 他に猛暑日となったのは、新潟県胎内市37・7度、石川県小松市36・7度など。

 気象庁によると、10日にかけて、近畿から東北の広い範囲で大気の状態が非常に不安定になり、局地的に雷を伴った激しい雨が降る恐れがある。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意が必要としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ