PR

ニュース 社会

秋元議員を再逮捕へ 別の支援者通じ偽証依頼か 証人買収事件

衆院議員、秋元司容疑者
衆院議員、秋元司容疑者

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件の贈賄側に対する証人買収事件で、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)容疑で逮捕された衆院議員、秋元司容疑者(48)=収賄罪で起訴=が、別の贈賄側にも報酬の見返りに裁判で虚偽証言をするよう依頼したとして、東京地検特捜部が、秋元容疑者を9日にも同法違反容疑で再逮捕する方針を固めたことが、関係者への取材で分かった。

 特捜部は秋元容疑者が主導して、贈賄側の中国企業「500ドットコム」の元顧問2人に対し、それぞれ別の人物を介して偽証を持ち掛けたとみて、捜査を進めているもようだ。

 秋元容疑者は、支援者の会社役員、淡路明人被告(54)らと共謀し、元顧問の紺野昌彦被告(49)=贈賄罪で公判中=に偽証を依頼し、報酬として1千万~2千万円の提供を申し込んだとして、8月20日に逮捕された。

 特捜部は、もう1人の元顧問、仲里勝憲被告(48)=同=にも偽証するよう働きかけた疑いが強まったとして、秋元容疑者を再逮捕する方針とみられる。仲里被告に対する偽証依頼をめぐっては、すでに秋元容疑者の支援者で職業不詳、松浦大助容疑者(51)らが逮捕されている。

 関係者によると、松浦容疑者は特捜部の調べに対して容疑を認め、「保釈中の秋元容疑者と3月に面会した」「秋元容疑者から偽証を持ち掛けるよう依頼された」などと供述しているという。特捜部は秋元容疑者が松浦容疑者らを通じて、仲里被告に偽証を依頼したとみて、調べを進めるとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ