PR

ニュース 社会

公訴時効撤廃から10年 苦悩続く遺族 捜査員「先が見えない」

 東京都葛飾区柴又で平成8年、刺殺され自宅が放火された上智大4年の小林順子さん=当時(21)=の父親の賢二さん(74)が中心になって訴えてきた殺人などの公訴時効撤廃は今年で10年を迎えた。なぜ、殺されなければならなかったのか。遺族らは、捜査の時間的制約が取り払われたことで、この最大の疑問を犯人にぶつける“望み”をつないだ。だが、その望みのため今も苦悩を抱える遺族もいる。犯人を逮捕したい、でも時効撤廃で捜査のけじめを失ったのではないか。捜査サイドのジレンマものぞく。(村嶋和樹、松崎翼)

■「希望失わず済んだ」

 「動機が分からず、もどかしい気持ちでいっぱいです」。千葉県松戸市の藤堂早苗さん(65)は、苦しい胸の内を語る。

 福岡で暮らしていた父親の金丸金次郎さん=当時(81)=と、母親の愛子さん=同(73)=が自宅で首を絞められて殺害されたのは平成13年2月のことだった。強盗殺人だとみられているが、犯人の手がかりはつかめておらず、藤堂さんは19年以上を未解決事件の遺族として過ごしてきた。事件で親孝行もできず「もっと違う人生を歩みたかった」とも思う。

 だが「なぜ両親を狙ったのか」を、どうしても犯人に聞きたい。だからこそ賢二さんが中心になって立ち上げた「宙の会」の時効撤廃運動に携わり、法の改正を勝ち取った。私費で懸賞金を積み増し、現場近くでの情報提供を求める活動も定期的に行う。「殺人事件の遺族は重い荷物を背負って歩み続けている。時効撤廃のおかげで希望を失わずに済んだ」と語る。

■捜査打ち切り要請

 悩みを抱える遺族も存在する。埼玉県春日部市の小林邦三郎さん(75)は8年4月、立教大の4年生だった息子の悟さん=当時(21)=を失った。JR池袋駅(東京都豊島区)で男に殴られたことによるものだった。

 当時は公訴時効が7年の傷害致死事件として捜査が進められた。時効延長を世論に訴え、街頭で訴える活動も展開。時効成立寸前に警視庁は容疑を殺人に切り替え、時効が8年引き延ばされた。望みをつなぎ「人生をやり直すため、出頭してほしい」と、犯人に訴える活動を続けた。

 そして22年、殺人の時効も撤廃された。犯人が捕まってほしいという気持ちは今も変わらない。だが、気持ちとは裏腹に疑問も湧いた。「(適用罪名を変え時効がなくなったことは)現行法の存在価値をゆがめてしまうのではないか」

 悩んだ末、ある結論を出した。息子の十七回忌に当たる24年、捜査の打ち切りを警察庁に要請。「本当に重要なのは犯罪を未然に防ぐこと。遺族が法の原則を守らないと、犯罪そのものはなくならない」と語る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ