PR

ニュース 社会

側溝の女性遺体殺人で捜査 熊本、身元の特定急ぐ

熊本県警が公開した女性の似顔絵
熊本県警が公開した女性の似顔絵

 熊本市の側溝で見つかった身元不明の女性遺体を司法解剖した熊本県警は8日、死因は首を絞められたことによる窒息だったことから熊本南署に殺人・死体遺棄事件の捜査本部を設置した。捜査本部は女性の似顔絵を公開し、身元の特定を急いでいる。

 捜査本部によると、女性の遺体は7日午前9時10分ごろ、同市中央区本荘の市道脇の側溝で、あおむけの状態で見つかった。

 女性は30~40代で、身長約170センチ、体重約60キロ。5~6日に殺害されたとみられる。グレーのカーディガンに水色のシャツ、黒色のズボンを着用していた。携帯電話や財布などの所持品は見つかっていない。側溝は幅約2メートル、高さ約1メートル。水は流れていなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ