PR

ニュース 社会

台風10号、九州の西の海上を北上 大雨や高潮に厳重警戒

 強風でなぎ倒された佐賀県庁敷地内の木=7日午前7時14分
 強風でなぎ倒された佐賀県庁敷地内の木=7日午前7時14分

 大型で強い台風10号は7日午前6時現在、対馬列島の南西約30キロを時速40キロで北へ進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心の東側280キロ以内と西側165キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となった。

 気象庁は九州を中心に暴風や大雨、高波、高潮などに厳重な警戒や注意を求めた。台風から離れた所でも局地的な大雨になる可能性があるとした。

 気象庁によると、台風に南の海上から暖かく湿った空気が流れ込み、西日本から東日本の広い範囲で大気の状態が非常に不安定。九州を中心にこれまでに大雨が降った地域では、土砂災害の危険が高まった。

 7日に予想される最大瞬間風速は、九州北部40メートル(60メートル)、近畿や中国、四国、九州南部25メートル(35メートル)、東海や奄美18メートル(30メートル)。波は、四国や九州10メートル、近畿や奄美8メートル、東海7メートル、中国や沖縄5メートル。

 8日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海300ミリ、四国250ミリ、関東甲信や九州北部200ミリ、近畿150ミリ、九州南部100ミリ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ