PR

ニュース 社会

安倍首相、台風10号「命を守る行動を」 川内川など氾濫の危険性指摘

台風第10号に関する関係閣僚会議に臨む安倍晋三首相(手前)。奥は菅義偉官房長官=6日午後、首相官邸(川口良介撮影)
台風第10号に関する関係閣僚会議に臨む安倍晋三首相(手前)。奥は菅義偉官房長官=6日午後、首相官邸(川口良介撮影)

 安倍晋三首相は6日、官邸で開かれた台風10号に関する関係閣僚会議に出席し、国民に「地方自治体などからの情報に十分注意し、避難や安全確保など命を守る行動を直ちに取っていただくことをお願いします」と呼びかけた。関係閣僚には情報発信や自治体との連携を緊密に取るよう指示した。

 首相はまた、台風10号に伴う大雨により、川内川、肝属川、五ケ瀬川、小丸川、大淀川、球磨川といった鹿児島、宮崎、熊本各県の河川で氾濫の危険性が高いと指摘。警察、消防、海上保安庁に加え、自衛隊も即応態勢をとっていると説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ