PR

ニュース 社会

台風から遠くても危険…列島、大気安定せず突風や大雨

 台風10号の北上に伴って列島は広範囲で大気の状態が不安定になった。台風から離れた場所でもしばらくは竜巻を含む突風が吹いたり、局地的な大雨になったりするなど天候が急変する恐れがあり、油断は禁物だ。

 台風は南の海上から暖かく湿った空気を大量に引き寄せる。北からの比較的冷たい空気と混ざって大気の状態が広く不安定になるため、台風から離れた地域でも突風や雷雨が起こりやすくなる。

 今回は九州付近を北上するため、列島は台風の進路の右側になった。台風は反時計回りの空気の渦なので、北上すると進行方向の右側は台風自体の回転速度も影響して風が強まる。ビル風のほか、海岸付近や橋の上では局地的に思いがけない突風が吹くため、転倒や飛来物に注意が必要だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ