PR

ニュース 社会

台風10号の影響で鹿児島など4カ所で高潮発生の可能性 気象庁が警戒呼びかけ

台風10号の影響で、高波が打ち寄せる鹿児島市の海岸=6日午前9時53分
台風10号の影響で、高波が打ち寄せる鹿児島市の海岸=6日午前9時53分

 気象庁は6日から7日にかけて九州に接近・上陸する台風10号の影響で、鹿児島、福岡、山口、愛媛の一部地域で、6日夜から7日未明にかけて高潮が発生する可能性がより高いとして、該当地域については夜間の避難が困難なことから「今すぐにでも避難してもらいたい」と呼び掛けた。

 高潮は台風中心の上昇気流が海水を吸い上げて海面が上昇し、持続的な風で海水を下方から陸地側に吹き寄せることで海水が押し寄せる津波のような現象。

 気象庁によると、高潮発生の可能性がより高いのは、鹿児島の鹿児島湾沿岸、種子島東側沿岸、福岡の東側と山口の南側にある周防灘沿岸、愛媛県の西南側の豊後水道の4カ所。

 いずれも満潮時刻が6日夜から7日未明にかけてで、台風が接近して海面が高くなる時間帯と一致する。種子島を除き、湾の形状が細長く、南側に向かって開けていることから、より高潮が発生しやすい。

 地域によっては台風の風で海水の表面が一時的に高くなる高波も発生したり、大雨によって河川の水量も増量したりしているおそれがあり、気象庁海洋気象課の白石昇司沿岸防災情報調整官は「高潮と合わさった複合災害が起こるおそれもある」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ