PR

ニュース 社会

台風10号が奄美に最接近へ 特別警報の可能性低く

6日午後1時の台風10号の画像(気象庁ホームページから)
6日午後1時の台風10号の画像(気象庁ホームページから)
その他の写真を見る(1/4枚)

 大型で非常に強い台風10号は6日、沖縄・奄美に迫り、夜から7日朝にかけて九州の西を北上する見通し。気象庁は引き続き大雨、暴風、高波、高潮に最大級の警戒を呼び掛けている。台風の勢力がやや弱まり、鹿児島県(奄美を除く)に特別警報を発表する可能性は低くなったとしている。

 気象庁によると、沖縄県南大東村では6日未明に最大瞬間風速50・7メートルを記録した。5日夜には潮位が一時、平常時の予測を80センチほど上回った。

 7日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は奄美50メートル(70メートル)、九州南部45メートル(65メートル)、沖縄、九州北部40メートル(60メートル)、四国、中国25メートル(35メートル)、近畿23メートル(35メートル)。7日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で九州南部600ミリ、奄美、九州北部、東海400ミリ、四国350ミリ、近畿250ミリ、沖縄180ミリ、中国150ミリ、関東甲信100ミリ。その後も関東甲信、東海、近畿、中国、四国、九州で雨が続く見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ